Top / クラスプログラミング / 03.コレクション

02.処理の画一化で、すべてのチェックを、クラス化しました。
これだけで、部品としては、結構価値があります。

というのは、「商品コードを入力して、商品名を表示する」という処理は、売上のエントリ処理や、仕入のエントリ処理で共通で使用できるからです。

これらのクラスをコレクションに積み上げることが出来ます。

Dim colChecks As Collection

Private Sub Form_Load

   Dim objCheck As Object         'As Object とすることで、すべてのクラスを参照することができます。
   Set colChecks = New Collection 'コレクションオブジェクトを作成します。

   Set objCheck = New Class1      'チェック項目1のクラスを作成します。
   colChecks.Add objCheck         'クラスをコレクションに積み上げます。
   Set objCheck = Nothing         '参照を開放します

   Set objCheck = New Class2      'チェック項目2のクラスを作成します。
   colChecks.Add objCheck         'クラスをコレクションに積み上げます。
   Set objCheck = Nothing         '参照を開放します
End Sub

とまあ、このような感じで、コレクションに、チェックロジックを積み上げていきます。

すべてのクラスに対し、チェックを行うロジックを考えてみましょう。 次のようにコーディングすることができます。

Public Function AllCheck() As Boolean
   Dim objCheck As Object
   For Each objCheck In colChecks
       If Not objCheck.Check() Then Exit Function
   Next
   AllCheck = True
End Function



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-25 (日) 23:56:00 (2852d)