Top / クラスプログラミング / 04.メソッドを追加する

さて、これだけでは物足りません。

「キャンセルボタンを押したら、すべての項目をクリアする。」という処理がよくありますね。

クラスを使わない場合だと、

   txtTOKUI.Text = ""
   lblTOKUI.Caption = ""
   txtSIIRE.Text = ""
   lblSIIRE.Caption = ""

という具合に、テキストボックスなら、Text プロパティ、ラベルなら、Caption に、空 文字をセットする必要があります。

Dim pCon As Control
For Each pCon In Me.Controls
   If TypeOf pCon Is TextBox Then
        pCon.Text = ""
   ElseIf TypeOf pCon Is Label Then
        pCon.Caption = ""
   End If
Next

とやる手もありますが、クリアしたくない項目や、システム日付などの初期値を表示しておくフィールドがあった場合にお手上げです。

これを、それぞれのクラスに、Clear というメソッドを作成して、実現します。

先ほどの得意先コードのクラスを例に取ると、

Public Sub Clear()
   txtCode.Text = ""
   lblName.Caption = ""
End Sub

という具合に、それぞれのクラスに対して、初期化処理を記述してやると、

Public Sub AllClear()
    Dim objCheck As Object
    For Each objCheck In colChecks
         Call objCheck.Clear
    Next
End Function

と記述できます。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-10-25 (日) 23:55:59 (2973d)