Top / .NET備忘録 / 06.ContextMenu / 01.共通インターフェイス

コンテキストメニューは、VBTextBox と VBComboBox で使用します。

実装するために必要な機能が各コントロールにあるか列挙してみます。

機能メソッド/プロパティVBTextBoxVBComboBox
元に戻すUndo×
Undoバッファ削除ClearUndo×
切り取りCut×
コピーCopy×
貼り付けPaste×
削除Delete××
すべて選択SelectAll
IMEを開く(閉じる)ImeOpenStatus××
再変換Reconvert××

×のところは、実装しなければなりません。(太字は新規)

それぞれの機能が使用可能かどうかでメニュー項目の Enabled プロパティを切り替えたいので、必要な機能を盛り込んだインターフェイスを作成します。

    internal interface IVBContextMenuTarget
    {
        // プロパティ
        bool CanUndo { get; }
        IntPtr Handle { get; }
        ImeMode ImeMode { get; }
        bool ImeOpenStatus { get; set; }
        bool ReadOnly { get; }
        string SelectedText { get; }
        int SelectionStart { get; }
        int SelectionLength { get; }
        string Text { get; }
 
        // メソッド
        void ClearUndo();
        void Cut();
        void Copy();
        void Paste();
        void Reconvert();
        void SelectAll();
        void Undo();
    }



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-15 (金) 18:11:30 (1683d)