Top / .NET備忘録 / 10.oo4o / 02.OraDynaset その(1)

簡単なのは、OracleDataAdapter クラスで Fill メソッドを実行して DataTable を作成し、それを OraDynaset インターフェイスで公開することです。

ただし、以下の問題点があります。

(1) CreateDynaset → MoveFirst → MoveNext の動きと違う。全件引っ張ってきてそれから列挙を開始することになるので、大量データだと時間がかかりそう。

(2) ODP1.x 系と ODP2.x 系で、DataTable に格納されるデータ型が違う。(1.x では .NET型、2.x では ODP.NET データ型)

(2) については、ReturnProviderSpecificTypes プロパティを True にすればよいですが、(1) はちょっといただけません。

OracleCommad クラスの ExecuteReader メソッドが返す、OracleDataReader クラスから Dynaset を実装することにしました。




トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-08 (金) 02:19:23 (1571d)