OraSession クラスに最低限必要なのは、OpenDatabase メソッドだけです。

作成した OraDatabase オブジェクトの管理をしないので、IDisposable の実装も不要。

OracleConnection のインスタンスを作成して DBに接続し、OraDatabase へ渡します。

ODP.NET 2.x なので OracleConnectionStringBuilder を使っていますが、1.x の場合は使えませんので、StringBuilder 等を使って接続文字列を作成してください。

 using System;
 using Oracle.DataAccess.Client;
 
 namespace OracleInProcServer.NET
 {
     public class OraSession
     {
         public OraDatabase OpenDatabase(string dbname, string connect, int options)
         {
             string[] arg = connect.Split('/');
 
             OracleConnection con = new OracleConnection();
 
             OracleConnectionStringBuilder builder = new OracleConnectionStringBuilder();
             builder.DataSource = dbname;
             builder.UserID = arg[0];
             builder.Password = arg[1];
 
             con.ConnectionString = builder.ToString();
             con.Open();
 
             return new OraDatabase(con);
         }
     }
 }



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-19 (火) 22:34:13 (1558d)